頭でわかっていても行動できない原因と行動するためにやるべき3つのこと

  • 人生を変えるためにもやった方がいい
  • 健康を維持するためにもやった方がいい
  • スキルアップするためにもやった方がいい

そんなふうに頭ではわかっているのに行動できない・・・

このように悩んでいる方も多いと思います。

この記事ではどうすれば行動できるようになるのか、そんなことを解説してみました。

スポンサードリンク

頭でわかっているのに行動できない原因

頭ではやった方がいい、行動した方がいい、わかっているのになかなか行動できない、という方も多いはずです。

今この記事を書いている私も同様です。

学生時代の勉強とか社会人になってからの勉強とか、やった方がいいってわかっているのに行動できなかったんですね。

 

そこでまず原因を考えてみました。

すると以下3つが原因としてあるんじゃないかなって思います。

楽をしたいから
やりたくないから
失敗したくないから

と1つずつ見ていきましょう。

楽をしたいから

「楽をしたい」という感覚は誰もが当たり前に持っている感情ですよね。

学校に行かずに寝ていたい、仕事に行かず遊びたい、そんな感情を誰もが持っているはずです。疲れることとか大変なこととか苦労することをわざわざやりたいって思う人はいないんですよね。

だからこそ勉強なんてもってのほかですし、ダイエットのための運動とかも続かないのはそういうことです。

「やった方がいいのはわかっているけど、疲れるし大変だからヤダ」というすごく人間らしい原因ですね。

やりたくないから

「やった方がいいのは頭でわかっているけど、やりたくない」というのもあるはずです。

例えば勉強にも教科の好き嫌いってありましたよね?

私は数学が嫌いでした。他の国語とか英語とか社会は仕方なく勉強出来る時もあったんですけど、数学だけはやりたくなかったので、余計に行動できなかったんです。

また、会社で指示された資格の勉強も、やりたくなかったのでダメでしたね。

そう、やりたくない、というのも行動できないひとつの原因です。

失敗したくないから

そしてもう一つあるのが「失敗したくない」という感情です。

例えば資格の勉強を本気でしなかった私は、「本気でやって資格試験に落ちたくなかった」というのがあります。

「俺はまだ本気出してないだけ」という典型的な強がりですよね。

これはダイエットとかもわかりやすいですね。食事制限したり運動したりしてるのに痩せなかったらどうしようって思うと行動できなくなるんです。

せっかく行動したのに失敗したらすべて無駄になってしまう、そんな感情があるから行動できないということです。

スポンサードリンク

行動を起こすために今からやるべきこと

では、実際に行動していくためにはどうすればいいのか?ということを解説していきます。

具体的には以下の3つを明確にしましょう。

なぜ行動すべきなのかをハッキリさせる
行動したことで変わった自分を想像する
行動できると自分を信じる

ひとつずつ解説していきます。

なぜ行動すべきなのかをハッキリさせる

まず最初に「なぜ行動すべきなのか」をもっとクリアにしましょう。

「やった方がいいのは頭でわかってるんだけど・・・」というレベルではまだハッキリしていないんですよね。

 

例えば、なぜ勉強した方がいいのか?

答えとしては、志望校に行きたいから、志望する会社に入りたいから、収入を増やしたいから、楽な生活がしたいから、などなど。

 

なぜダイエットした方がいいのか?

その答えは、モテたいから、モデルになりたいから、恥ずかしいから、などなど。

 

勉強したほうがいい、痩せた方がいい、やった方がいいってのは頭ではわかっている、というのは実はわかっていないんですよね。

なぜ勉強した方がいいのか、なぜ痩せた方がいいのか、なぜやった方がいいのか、理由をハッキリさせましょう。

行動したことで変わった自分を想像する

ダイエットに取り組んで成功したらどんな自分になれるでしょうか?

勉強に取り組んで志望校に入学できたらどんな自分になれるでしょうか?

資格の勉強に取り組んで新しい資格を取ったら会社でどんな自分になれるでしょうか?

毎日読書をして毎日日記を書いていたらどんな自分になれるでしょうか?

 

行動した後の自分を想像してほしいんです。目を閉じたら鮮明に浮かび上がるくらい濃いイメージを浮かべて下さい。

その未来の自分の姿にワクワクすることができたら、間違いなくあなたは行動したくて仕方なくなるはずです。

「そうなりたい、いやそうなるんだ!」という強い気持ちがあなたを突き動かします。そしてどんどん理想の自分に近づくことができる、ということですね。

行動できると自分を信じる

私達人間が行動する上で大事になるのが自信です。自信がないと不安になるので行動できないんですよね。

怖がることなく行動できる人は、根拠のない自信を持っている場合が多いです。これまでの成功体験の積み重ねとか、親との関係性から「自分ならできる」というのを強く持っています。

 

私はいつも自信がない人間でした。親には厳しく育てられ、「あの子は●●だってさ!」とか「あの子みたいにならないと!」とか言われてきて、褒められた経験はあまりありませんでした。だからこそ自分に自信を持ったことはほとんどなかったんです。

だからいつも「どうせ自分なんて・・・」ということを思っていたわけです。行動しても意味ないと思っていたから行動できなかったということです。

 

でも、行動して変わった自分を想像するようになってから「絶対こうなる!変わる!」と思うようになりました。そう思うようになってから「自分ならできる」と自然に思えるようになり、行動できるようになったんです。

まずは想像するところから始めよう

頭でわかっているのに行動できないという悩みを克服し行動していくためには、

なぜ行動する必要があるのか
行動したらどんな自分に変われるのか

これら2つを明確にした上で、「自分ならできる」と信じることです。

だからこそまずは、行動したらどんな自分になれるのか、どんな生活を送れるようになるのか、そんなことを想像するところから始めましょう。

想像することができれば、行動したくて仕方なくなるはずですので。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

彼氏から連絡が来ない理由5つ

2017-7-24

彼氏から連絡が来ない理由5つ

LINE始めました。

友達になるとブログの最新記事が読めます。

友だち追加

ページ上部へ戻る