人と話すのが苦手という方の原因や特徴、克服方法とは?

人と話すのが苦手という方の特徴、原因、克服方法

人と話すのが苦手、人見知り、そんな自分が嫌いだという人も多いのではないでしょうか?

もっと多くの人と話すことができるようになれば、人生楽しくなりそうだし仕事も上手にできるような気がしますよね。

本ページでは、人と話すのが苦手という方の性格的特徴、原因、克服方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

人と話すのが苦手という方の特徴

人と話すのが苦手という方の特徴を紹介していきます。

人と会話して失敗するのが怖い

まず人と話すのが苦手な方に多い特徴が、人と話をして失敗するのが怖いという理由で苦手だという方が多いということです。

失敗とは、相手に「怒られる」「笑われる」「馬鹿にされる」などですね。ようは会話して自分が傷つく可能性があるからこそ話すのが怖いということです。

誰だって人に怒られたり笑われたり馬鹿にされたりしたくないんです。でもその「されたくない」という気持ちが強い方ほど人と話すのが苦手だという方が多いですね。

自分の発言を反対されたり断られたりするのが怖い

また、自分の言ったことが間違っていたらどうしようって気持ちから話すのが苦手な方も多いです。

反対されたり批判されたりどうしようって気持ちです。

筆者もかなり人と話すのが苦手です。で、この反対されたり断られたりするのが怖くて話せないことも多くあります。

「飲み会やるから予約しとけ」って上司に言われて、お店を見つけては電話をしていたことがありました。

でも「もうその日は予約いっぱいなんですよね」と3軒くらい連続で断られた時はさすがに泣きそうになりましたから。悪いことしていないのになぜか嫌な思いをしましたね。

人と話すのが苦手じゃない人からすれば、大したことじゃないでしょう。でも苦手な方からすればたいしたことじゃなくても断られてしまうだけで辛くなってしまうんですよね。

何を言えばいいか考えすぎちゃう

何を話すのか考えすぎちゃう

そして話すのが苦手な方は、苦手だからこそ何を言えばいいかものすごく準備をします。

バイトの面接とか就活とか、転職活動とか、営業先とか初対面の人と会う時とか、そういう場面になると入念に何を話すのかを準備をする方が多いです。僕も例に漏れずそうですね。

でも何を話すかしっかり考えて行っても、そういう話ってあんまり広がらないことがほとんどです。それこそすぐ終わってしまうんですよね。だから想定していない質問が来るとテンパってしまいますし、相手に聞くことがなくて話が盛り上がらないのです。

で、そういう空気の中にいるのが嫌で、すごくストレスがかかり疲れてしまい、余計に人と話すのが苦手になってしまうんですよね。

人と話すのが苦手になってしまった原因

では人と話すのが苦手になってしまった原因を紹介していきます。

口答えが許されなかった幼少期

口答えが許されなかった幼少期

幼少期に親の言うことが絶対で、口答えが許されなかった経験がある方は、人と話すのが苦手になります。

すべて親の言うとおりにしないといけないとなると、発言の自由も奪われます。

私はやりたいことがあっても「これがやりたい」と言うことはできませんでしたし、「これをやってほしい」と言うこともありませんでした。また何か意見すれば、「うるさい」といわれましたね。

ようするに親に言われたことを素直に聞かなければこっぴどく怒られてしまうんです。なので、人に自分の気持ちを伝えたり意見を伝えたりするのが苦手になってしまったということです。

逆に、親がなんでもやってくれる場合も同じです。何も言わなくても何でもやってくれるから人に自分の意見を言うのが苦手になってしまうんです。

話をしていて怒られた経験や笑われた経験がある

もちろん幼少期だけではないですよね。

人と話をしていて、怒られた経験や笑われた経験というのは私たちの脳に鮮明に植え付けられます。いわゆるトラウマです。

私がさらに話すのが苦手になってしまった経験は、会社の研修でした。営業の研修で、私が営業マン、研修会社の方がお客さん役としてロールプレイをするものでした。

ロールプレイ中、ガチのテンションで怒鳴られました。文章だけで表現できないですけど、あまりにもガチで怒鳴られて確実に僕の心に恐怖を植え付けられましたね。

それから怒られるということに対して過敏なほど恐怖を感じてしまっているんですね。

もちろんそういう経験から慣れていくことができる人もいるでしょう。でも、慣れるどころか余計恐怖を植え付けられてしまう人もいるということですね。

人に褒められたいのに褒めてもらえなかった経験

またせっかく話をしたのに真面目に聞いてもらえなかったり、褒めてもらいたくて話したのに褒めてもらえなかったりする経験があると、人に話すのが苦手になってしまいます。

人が人に話をするということは何かしら伝えたいことがあるからこそですよね。褒めてもらいたい、喜んでもらいたい、悩みを聞いてもらいたい、いろいろな感情があるはずです。

でもそれが伝わらなかったり聞いてもらえなかったりすれば、話すことに抵抗感が生まれるのは当たり前なんです。

スポンサーリンク

人と話すのが苦手を克服する方法

では、人と話すのが苦手だという方はどうやって克服していけばいいのか?ということですよね。

具体的にはあなたが話をしているのにされて嫌なことはしない、ということです。

せっかく相手が話をしてくれているのに、「へぇ〜」とか「あぁ〜」といった気の抜けた返事をしないということだったり、相手の話を批判や否定しないことだったり。

相手が話をしてくれている時にしっかりとした反応をするだけで会話の苦手を克服することができるんですね。

さらに詳細な克服方法については以下の記事で書いていますので、合わせて読んでみて下さい。
人と話すのが苦手だった俺が克服した方法

★当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。 あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『幸せのレシピ』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

スポンサーリンク

関連記事

LINE始めました。

友達になるとブログの最新記事が読めます。

友だち追加

ページ上部へ戻る