仕事が長続きしない人の7つの特徴と3つの解決策

仕事が長続きしない人の特徴

「仕事が長続きしない」

本当は長続きさせたいけど長続きできなくて、そんな風に悩む人も多くいるでしょう。

この記事では仕事が長続きしない人の7つの特徴、そして長続きしない人が考えるべき解決策3つを紹介しています。最後まで読んで参考にしてみて下さい。必ず長続きできるようになりますよ。

スポンサーリンク

仕事が長続きしない人の7つの特徴

1.仕事をやる目的が明確じゃない

仕事をやる目的、つまり何のために仕事をするのか?という部分ですよね。

お金を稼ぐことだけが目的であれば、よりお金を稼げる仕事に就きたいと思うのが普通です。そういう理由からバリバリ営業マンとして働いてお金を稼ぐ人も多いでしょう。

「お金は別にたくさん稼げなくてもいいからラクな仕事がしたい」

そんな風に考えている人が世の中に増えている印象です。で、実際に楽そうな仕事を始めて、思ったよりも楽じゃないことに気付きまた楽な仕事を求めてしまいます。

あらゆる仕事が世の中にありますが、楽な仕事というのはないんですよね。どんな仕事も大変ですから。だからこそ仕事をする目的が必要なんです。

「こういう仕事がしたい」そんな目的です。できるだけ楽でそこそこ給料も良い仕事なんてないんです。

「お金をたくさん稼ぎたい」そう思うならお金が稼げそうな仕事をしましょう。「病気で困っている人のために働きたい」そう思ったら医者や看護士、さらには医療機器メーカー、製薬会社などあらゆる仕事があるわけです。

仕事をする目的・理由をもう一度考えてみましょう。

2.人間関係を構築するのが苦手

仕事が長続きしない人の特徴として大きいのが人間関係を構築することに苦手意識を持っている、ということです。

仕事を進めていく上でコミュニケーションというのは当然大事な事になります。上司に報告連絡相談は当然必要ですし、チームで進めていく仕事の場合は進捗を話し合う必要もあります。

もちろん相手によっては話しにくい人もいますよね。本当は仕事のことで聞きたいことがあるけれど、その人に話しかけることに恐怖を感じてしまうことだってあるでしょう。話しかけること自体にストレスを抱えてしまうと、仕事を長続きさせるのは大変です。

3.すぐ自分には合っていないと思い込む

仕事を始めてみたものの、失敗続きでなかなかうまくいかないこともあるでしょう。

「こんなはずじゃなかったのに」と思ってそのまま頑張ることができれば、良いんですがなかなかそういう風に思うことができない人も多いですよね。

失敗が続けば誰でも「自分には向いてない」「自分には合っていない」と思うわけです。本当はまだ始めたばかりで誰でも失敗するのは当然なのに、自分だけがダメな人間に思えてくるんです。

そしてその気持ちから切り替えられないと、早々に辞めてしまうんですね。「まだ始めたばかりだから仕方ない!」「次は失敗しないようにしよう」そんな風に思えれば続けられるでしょう。

4.自分に向いている仕事が他にあると思い込む

「自分には向いていない」と思ってしまうと同時に「私にはもっと向いている仕事がある」と思い込んでしまうとさらに辞めるきっかけになってしまうでしょう。

まだそんな風に考えるのは早いとまわりに言われたとしても、「自分にはもっと向いている仕事があるはず」と考えすぎてしまうんですね。

「向いている向いていない」というのは確かに大切なことかもしれません。でも、向いているかどうかの判断が早すぎてしまうと転職を繰り返すことになってしまう、ということなんですね。

向いていないと判断するためには、2年から3年くらいは働いてみてから判断してみるといいでしょう。1ヶ月とか数ヶ月じゃ判断するのは早いですからね。

5.人のせいや会社のせいにして自分を成長させる気がない

ミスが起きた時、人や会社のせいにしてしまう人は、仕事を長続きすることができません。

というのも何かしらミスや不手際があった時に自分以外に責任を押し付けてしまいますので、ストレスがどんどん溜まってしまいます。自分は悪くないけど会社が悪いからもう辞めてやる、という心理になってしまいますからね。

自分にも非があったことを認め、そして同じミスをしないように自分を成長させることを意識している人は、会社を悪く思うことはありません。

働かせてもらっているからこそ会社に貢献しようという意識を強く持っているので仕事をすぐに辞めることはありません。

6.仕事から自分の成長を感じられない

仕事をしていて自分の成長を感じる事ができていない人は、仕事にやりがいを感じなくなります。

できるようになったことが増えた、お客さんに喜んでもらえた、契約が取れた、社内プレゼンで選ばれた、上司に褒められた、そういった小さなことから成長したことに喜びを感じることが大事です。

いつも仕事をやらされていると感じながら、自分の成長を感じられないままでいると仕事に喜びや楽しみを見出すことはできないでしょう。そうなってしまえば、仕事がつまらなくなり辞めたくなってしまうのは当然です。

7.やりたくない仕事を我慢できない

どんなにやりたい仕事があってその仕事に就くことができたとしても、やりたくない仕事というのは必ずあります。

洋服屋さんで働きたいと思って働き出したけど、実は接客だけしていればいいわけではありません。洋服を畳んだりしなきゃいけないですし、お店の掃除もしなきゃいけないですし、売上も意識していかなきゃいけません。

やりたいことの中にはやりたくないこともあるんです。そのやりたくない仕事を我慢してできるかどうかが大事になってくるでしょう。やりたくない仕事を我慢できない人はすぐに辞めてしまいます。

スポンサーリンク

仕事が長続きしない時の解決策

なぜ仕事をするのか?ということを明確にする

何のために仕事をするのか?ということをとにかく明確にしましょう。「誰のために」でもいいでしょう。もちろん他人のためじゃなくても自分のためでもいいでしょう。

「楽しいから仕事する」という人もいますし「お金が欲しいから仕事する」という人もいます。「子どもや家族のために仕事する」という人もいるでしょうし、「音楽が好きだから音楽に関係する仕事がしたい」という人もいるでしょう。

理由や目的なんて何でもいいんです。その目的が明確になれば、仕事がどんなに辛くても必ず長続きできるようになりますから。

こんな理由や目的じゃなきゃいけないということはありません。自分の気持ちですから誰かの意見に惑わされる必要はありません。必ずあなたにも見つかるはずです。

仕事をさせてもらえる喜びを持つ

仕事をさせてもらえる喜びを忘れないようにしましょう。

確かに私達は仕事を選ぶことができます。でも、実際に会社に雇われた場合仕事をさせてもらう立場でもありますよね。その対価としてお金を頂くわけです。

でも仕事が長続きしない人は、「仕方ないから仕事をしてあげている」という感覚をどこかで持っています。だから給料にも不満を持っていますし会社にもすぐ不満を抱えています。

でも考えてみても下さい。会社は働く人を選ぶ権利があります。そういう風に考えている人を簡単にやめさせることも可能なんですよね。結局は働かせてもらっている感覚で、一生懸命働く人を評価しますから。

だからこそ、働かせて頂いているという感覚を忘れないようにしましょう。会社で働かせてもらっているからこそ生活が成り立つわけですし。

しっかり休みを満喫する

仕事を長続きさせるための秘訣のひとつは、しっかり休みを満喫する、ということです。

仕事が長続きしない人は、せっかくの休日を無駄に過ごしてしまう傾向があります。家でダラダラするだけで終わってしまったとか。そういう休日の過ごし方をしてしまうと、仕事を頑張る気持ちになれないんです。

でも、休日を趣味で充実した過ごし方をしていれば、「また来週遊ぶために1週間頑張ろう!」って気持ちになりますからね。休日になってもやることがないから休日がそこまで楽しいと思えない、というわけです。

休日の過ごし方についてはこちらの記事でも参考にしてみて下さい。
>>1人でも休日を簡単に有意義にする過ごし方15選

仕事が続かない自分を認め変える意識を持とう

仕事が続かないと悩んでいるのであれば、まずはそういう自分を認めてあげましょう。仕事が長続きしない人はダメな人というわけではありませんから。

まず今の自分を認め、そして長続きさせるためにはどうすればいいのか?ということをしっかり整理していきましょう。そして自分を変えていくんだという意識を持つことが大事ですね。

まずはあなただけの働く理由や目的を明確にしましょう。

★当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。 あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『幸せのレシピ』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

スポンサーリンク

関連記事

LINE始めました。

友達になるとブログの最新記事が読めます。

友だち追加

ページ上部へ戻る