元国体選手直伝!筋肉痛に最も早く効果がある3つの治し方

【記事公開日】2015/03/23
【最終更新日】2016/06/30

7352752372_1edd4d9f0d1

筋肉痛って私達の大きな敵ですよね。

身体がだるくなるし、朝は起きれなくなるし、めちゃくちゃしんどいんじゃないですか。
私は毎週バレーボールをやっているんですが、翌日は起きれなくなるほどの筋肉痛に見舞われていたこともありました。

しかしながら、元国体選手の方が身体をケアするためにやっていた方法を教えてもらったことで、
今までのような辛い筋肉痛を味わわなくなりました。

せっかくこれから運動しようかなって思っているのに、
次の日身体が痛くて仕事に支障が出てしまったり、
身体の痛みが原因で続けられないって人もたくさんいますよね。

ダイエットしたいけど、筋肉痛になるのが嫌だという方も今まで会ってきました。

筋肉痛が長く続いたり、痛みが強かったりすると本当にしんどいですが、
これから紹介する元国体選手直伝の治し方をしっかり実践すれば、
長引くこともなく快適な生活を送ることができるようになりますよ!

スポンサーリンク

運動後にジョギングする

jogging-625578_12801
筋トレや運動をした後というのは、筋肉に負荷がかかっているので疲労が溜まっています。
しかしながら、そのまま放置することでより筋肉が固くなってしまうわけです。

筋肉を酷使することで乳酸が溜まるというのは聞いたことがあると思います。
普段から乳酸は発生するわけですが、その乳酸は血液によって運ばれ体外に排出するようになっています。

しかしながら、運動後には急激に大量の乳酸が発生するため、
血液によってすべてを回収し体外に排出できないんです。

つまり、血液の流れ、循環をよくすることが筋肉痛からの回復に近づくわけですね。

そこで運動後にジョギングすることで、流れが悪くなった血液の流れを良くすることができ
体内に溜まった乳酸を体外に放出することができるようになるわけです。

ジョギングする時に心がけることは
身体に力を入れず、脱力した状態でゆっくり走ることです。

これはトップアスリートの人たちも心がけていることですので
ぜひ取り入れてみてくださいね。

とは言っても、無理はしないようにしましょう。

運動後にストレッチをする

141H1
これって当たり前のことですが、一般の人たちは当たり前にやっていないんですよね。

運動前に行うウォームアップは、怪我をしないためにやる人が多くいるわけですが
身体をケアするためにクールダウンも大事なんですよね。

身体のことを考えているアスリートたちは、クールダウンを欠かさずやっています。

ストレッチの方法としては、気持ちいいと感じるくらいに筋肉を伸ばし
息を止めずに10秒ゆっくり伸ばしていくことですね。

出来る限り、運動直後に時間を取ってやるようにしましょう。

しっかりケアすることで、その日の行動と次の日の朝に大きく影響するはずです。

スポンサーリンク

運動後にプロテインを飲む

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_m1

筋肉を酷使することで乳酸が発生するわけですが、筋肉にもダメージが与えられるわけです。

少しずつ負荷を大きくすることで筋肉は大きくなっていくわけですが、
そのために必要な栄養分がタンパク質になります。

そのタンパク質を効率的に摂取することができるのがプロテインなわけです。

最近は様々なプロテインが販売されているわけですが、
運動後の身体に必要な栄養が配合されているものもあります。

私も運動後にプロテインを飲むようになって翌日の目覚めがかなり良くなっています。

そして最近のは結構おいしいので飲んでなかった方は飲んでみるといいですよ!

入浴する

4ce7cafd21b4a7dad8996fecb4874bea_m1
水には5つの特性があります。

  1. 水流
  2. 水圧
  3. 抵抗
  4. 浮力
  5. 水温

水というのは身体にとって非常に良い効果をもたらすわけです。

特に入浴という観点では、水圧と浮力、そして水温が関係していますね。

単純に入浴するだけでリラックス効果があるのは、水温が適温だからです。
じんわりと汗をかくことで、血流の促進に繋がりますから、乳酸を運ぶのを手伝ってくれます。

そして水圧がかかることで、心臓から遠い場所を流れている血液が心臓に戻りやすくなるわけです。
深ければ深いほど水圧は重くなるので、足から心臓への血液の流れは良くなります。

そして浮力ですね。プールに入って壁を蹴って進むと大人であれば5メートル程度進んでしまいますよね?
でも、地上で壁を蹴って5メートル進めるでしょうか?

また、地上でジャンプした場合と水の中でジャンプした場合、高く飛べるのはどっちだと思いますか?

当然水中ですよね?

自分の背よりもずっと深い場所でジャンプし続けても疲れないでいられるのは、浮力が働いているからです。
実は水中でジャンプしても、地上の10分の1程度しか衝撃を受けないんです。

ということは当たり前ですが、筋肉が硬直しなくなるので
非常にリラックスすることができるわけです。

硬直しなければ、当然血液の循環は良くなるわけですから、筋肉痛が早く治るわけです。

まとめ

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_m
結局大事なことは、必要な栄養を取ることと血液の流れを良くすることです。
それがなによりも早い筋肉痛の治し方です。

疲れてベッドですぐに眠るのではなく、身体をしっかりケアしていくことが
より快適な生活を送るための方法です。

高校生の時はそれでも毎日学校に行って部活をしていましたが、
やはり年齢を重ねるにつれてそうもいかなくなってしまうのが現実ですね。

身体は何よりも大事な資本です。
健康を維持することは非常に大事なことなので
頑張っていきましょう。

おすすめ記事一覧
自分に自信を失った40代後半のおばさんが急に若返って美しく元気になった秘密とは?
【休日の過ごし方】休日を有意義にする社会人の過ごし方10選
断捨離のやり方を6ステップで解説【捨てられない人向け】
仕事を辞めたいと思った時に考えるべき5つのことと転職の方法

《たった3分で運命を変える方法 〜開運の法則〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの星座や誕生日や血液型などの情報から導き出される『開運の法則』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

変化が欲しいなら、今すぐ『全員無料鑑定』を試してみてください!

スポンサーリンク


関連記事

ページ上部へ戻る