自分のルールを変えて自由な人生を送る5つのステップ

【記事公開日】2014/11/07
【最終更新日】2016/06/30

200655674d4e3b011069db9c0c585575_m

現在、仕事に対して約6割以上の方がストレスを感じています。

 

  • 何のために仕事をしているのかわからない
  • 幸せになりたい
  • 自分が好きなことを本気でやりたい

などの感情を抱いている人が多いです。

 

しかしながら、あなたが人生を変えたいと思っていても必ず邪魔をするものがあります。
それはあなた自身の中にあるルールです。
例えば、、、

「◯◯しなければならない」

「◯◯してはいけない」

 

こんな言葉たちです。

これらのような言葉が人それぞれの中に必ず潜んでいて、時にあなたを苦しめます。

 

「いい子、いい部下でいなければならない」

「目立ってはいけない」

「勉強しなければならない」

「言いたいことを言ってはいけない」

etc…

 

しかし、あなたの心の奥底では本音で思っていないことかもしれません。

そのため、人があなたのルールを破った行動をしていると腹が立ったり

傷つくような愛のない言葉を放ったりしてしまうわけです。

嫉妬や嫌味などの言葉ですね。

 

誰もがそんな言葉を言いたくて言っているわけではなく、

そのようなルールを作り上げてしまうから言ってしまうわけです。

 

人のことを理解して良好な人間関係を築くためにも

自分自身が苦しまなくなるためにも

このルールを変えていきましょう。

 

ルールを変えれば、あなた自身の心は大きくなり、必ず人生は好転します。

スポンサーリンク

ステップ1.とにかくルールを書きだそう

8cced6d37bf213628ee19281ad0cde7b_m

あなたが感じている思っているルールを書き出しましょう。

最低でも20個は上がると思います。

 

例えば、

「いつも元気でいなければいけない」

「太ってはいけない」

「遊んではいけない」

「勉強しなければいけない」

「仕事をしなければいけない」

などなど、「しなければいけない」「してはいけない」と思っていることを挙げてみましょう。

ステップ2.そのルールのせいで得られなかったもの・手放したものを考えよう

1d02b119b223ac6911c87ca6382dc23b_m

すべてのルールに対して考えるのが一番良いんですが

なかなか思いつかないこともあるかもしれません。

ですので、どうしても思いつかない場合は、仕方がないので飛ばして構いません。

 

例えば、

「いつも元気でいなければいけない」

→心から笑うことができなくなってしまった、作り笑いばかりうまくなって本当の自分がわからなくなった。

 

「太ってはいけない」

→好きなものを食べることができなくなってしまった

 

「遊んではいけない」

→友達の輪の中にうまく入れなくなった

 

「勉強しなければいけない」

→本当にやりたいことを我慢してきた

 

「仕事をしなければいけない」

→ストレスを感じることが多くなりため息が増えるようになった

 

こんな感じで構いません。

書いてみましょう。

ステップ3.そのルールによって得られたことを考えよう

a2732be3fa01b96e250b54a0f6f72355_m

このルールたちは決してすべてが悪いわけではありません。

あなたの中にあるルールのおかげで得られたものも確実にあります。

この得られたものもリスト化しましょう。

 

例えば、

「いつも元気でいなければいけない」

→誰にでも元気な子というイメージを与えることができた

 

「太ってはいけない」

→太らなくなった、痩せることができた

 

「遊んではいけない」

→自分にとって大切な時間を作ることができた

 

「勉強しなければいけない」

→勉強することで確実に基礎学力がついた、自分の選択肢の幅が広がった

 

「仕事をしなければいけない」

→我慢強くなった、収入が入ってくる、

スポンサーリンク

ステップ4.ルールを書き換えよう

6bd9477147e43aa2d10f408b89b08803_m

今まで出てきたルールをいよいよ書き換えます。

 

具体的には、

「◯◯しなければいけない」→「◯◯しなくていい」

「◯◯してはいけない」→「◯◯していい」

このように書き換えることで、自分を許すことができ

今まで感じたことのない感情が出てきます。

 

そうして書き換えたルールを声に出して読むことで変わります。

 

「いつも元気でいなければいけない」→「いつも元気でいなくてもいい」

「太ってはいけない」→「太ってもいい」

「遊んではいけない」→「遊んでもいい」

「勉強しなければいけない」→「勉強しなくてもいい」

「仕事をしなければいけない」→「仕事をしなくてもいい」

 

しかし、これで終わりではありません。

これでは、自分に甘えるだけですからね。

 

しっかり自分を変えるために、次のステップへと移ります。

ステップ5.自分の新しいルールを作る

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_m

今まで自分のルールをリストアップし、良いところも悪いところも出してきました。

そして、ルールを変えることで自分を許すこともできました。

 

そうすることによって、「◯◯がしたい」という強い思いが出てきませんか?

その思いこそあなた自身が本当に望んでいる人生のはず。

思いきって自分だけのルールを作ってしまいましょう。

 

ただし、「◯◯したい」と書いても

できなくなった時に、また自分を責めてしまいます。
ですから、「◯◯したい、でもたまには◯◯できなくても良い」
そんなルールを作っておけば、できなかった時があっても自分を許せます。

 

「いつも元気でいなければいけない」

→「いつも元気でいたい、でもたまには辛い時があってもいい」

 

「太ってはいけない」

→「痩せたい、でもたまには食べたいものを食べてもいい」

 

「遊んではいけない」

→「やりたいことをやりたい、でもたまには人と遊んでもいい」

 

「勉強しなければいけない」

→「勉強したい、でもたまには息抜きしたっていい」

 

「仕事をしなければいけない」

→「自分のやりたいと思える仕事がしたい、でもたまには休みたい」

 

どうでしょうか?

例を見て読んでいるだけでも大きくルールが異なると思いませんか?

 

結局人間の感じ方、捉え方の問題です。

自分を変えるということは、自分の中のルールを変えるということ。

 

そうするだけで今まで自分のことを苦しめてきたことが

すっと軽くなってくるはずです。

 

ぜひ、やってみてくださいね。

 

 

おすすめ記事一覧
自分に自信を失った40代後半のおばさんが急に若返って美しく元気になった秘密とは?
【休日の過ごし方】休日を有意義にする社会人の過ごし方10選
断捨離のやり方を6ステップで解説【捨てられない人向け】
仕事を辞めたいと思った時に考えるべき5つのことと転職の方法

《たった3分で運命を変える方法 〜開運の法則〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの星座や誕生日や血液型などの情報から導き出される『開運の法則』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

変化が欲しいなら、今すぐ『全員無料鑑定』を試してみてください!

スポンサーリンク


関連記事

ページ上部へ戻る