ルールを決めよう!部屋を片付けるための3つのコツ

【記事公開日】2014/12/14
【最終更新日】2016/05/08

片付ける

部屋を片付けられない

ものを捨てられない

よく物をなくす

という悩みで自分のことを嫌いだと感じた人は多いのではないでしょうか?

どんなに自分できちっとしているつもりでもなかなか治すことができないのが、片付けるということです。どうすれば片付けられるようになるのか?そんな3つのコツを紹介します。

スポンサーリンク

1.部屋を片付けるコツは、しまう場所を決めて習慣化する

片付けられない人がよく言う言葉は「面倒くさい」です。

片付けるのが面倒くさいから片付けないわけですし、片付けようと思ってもどこに片付ければいいかわからないから、面倒になってしまうんですね。

しかしながら、片付けられる人は面倒と思うよりも、片付いていないことが嫌で仕方がないわけです。

じゃあ片付けるのが面倒だと思うのをどうすれば面倒だと思わずに片付けることができるようになるのでしょうか?

それは、片付ける場所を決めることです。

例えば、家から帰ってきたら着替えますよね?

その時に今まで着ていたものをすぐに脱衣所に持っていくことやカバンや時計などを予め決めておいた場所に置くことを徹底するわけです。この時予め決めておく場所をテーブルの上とか床ではなく、棚やクローゼットなどの片付く場所にするわけです。

 

しかし片付けられない人は、何でもテーブルや床、ソファーの上など置いてしまうわけです。

そうしてしまう最大の理由は面倒くさいことと、どこに片付けるのかを決めていないからです。

ですから、●●はどこに片付けるということを先に決めてしまってから、帰ってきたら面倒くさくても片付けてしまえばいいわけです。

そうして1週間もすれば、必ず片付いている自分の部屋に落ち着きを感じるようになるでしょう。

つまり、帰宅後に片付けるという習慣が出来上がるので、苦にならなくなるわけです。基本的に片付けることができない人は、どこにしまっておけばいいのかわからないから、その度に決めるのが面倒だということです。

2.片付けるためのルールを決めよう

片付けられない人の大きな特徴としてどこに何を片付ければいいのか決まっていないので、どうやって片付けていいかわからないわけです。

しかしながら片付ける事が出来る人は、何をどこに片付ければいいのかすべて自分で決めています。

例えば、仕事場の机が書類で埋もれてしまっている人というのは、書類を分類していないわけです。◯◯の書類はここ、▲▲の書類はここというようなルールが作られていないわけです。

これでは重要な書類を紛失してしまうことや、最優先でやらなきゃいけない仕事を忘れてしまうこともありえるわけです。しかし机の上が綺麗な人とというのは、書類等の整理もうまくできますし、常に机の上も綺麗なわけです。そうなると仕事の効率も上がります。

逆に机の上が乱雑になっていて、必要な書類はどこだっけ?と探す時間というのは非常にストレスが溜まります。結局探すという無駄な仕事のせいでプライベートを過ごす時間が少なくなってしまうわけです。

そうならないためには、片付けるものをどこに整理するのかを明確にする必要があるわけです。

「この書類はこのロッカーのこのファイル」と決める、家の中でも「■■関係の書類はこの引き出しのこのファイル」と決めておくわけです。

そうして部屋が片付いていくと、探しものをするのに余計な時間はかからなくなりますし、どこに入れればいいのかを考える時間も不要になります。そうすることで、常に片付いている部屋を手に入れることができるというわけです。

スポンサーリンク

3.部屋を片付けるために今必要かどうかをしっかり考える

そして片付けられない人の大きな特徴は、「捨てられない」という悩みを抱えているのではないでしょうか?

いつか使うかもしれないと思って捨てないでおくものもあれば、捨てるのが面倒な場合もあります。しかしながら、捨てることのできない人が多くいるのではないでしょうか?

 

まず、いつか使うかもしれないと思っていたものが実際に役にたった経験があるからこそ、捨てられない人は多くいます。しかしながら、いつか使うかもしれないと思いながら、ずっと使っていないものも必ずあります。それを減らすことが部屋を片付けられるかどうかに繋がるわけです。

じゃあどうやって片付けるのか?

それは2つの袋を用意して、いるものいらないものを分けていくわけです。

その時は直感です。いらないと一瞬で判断できるものは結構たくさんあるはずです。

そして「いる」と判断した中にはよく考えるといらないものもあります。例えば、洋服。いつ買ったのか定かではないここ何年も着ていないような洋服はいるでしょうか?それならば、寄付したり、売ったりした方が世の中のためになると思いませんか??

つまり、今必要かどうかをしっかり考えるだけで確実に部屋を片付けていくことができるわけです。

私も洋服は好きです。どちらかというと多くの洋服を持っていた方だと思います。そして当然買い物も好きです。新しい洋服や靴、食器、タオルなど、見に行けば欲しくなるものはたくさんあります。

で、当然買いたいと思ったら買うわけです。ただし、私の場合は、新しい洋服を購入したら、必ず古い洋服を処分します。当然白いシャツを買ったら、前まで着ていた白いシャツは必要ありませんから、思い切って捨てるわけです。

そうやってものを増やさないように工夫していることもあるんです。

まとめ

とにかく片付けられない人は面倒くさがりです。しかしながら、部屋を片付けるということは、そんなに面倒なことでもないんです。片付ける場所を決めて毎回そこにしまえばいいだけです。

どこにしまっていいのかわからないから、面倒だと感じてしまいますし、必要ないものが部屋の中にたくさんあるから、片付けるべきものを片付けられないのではないでしょうか?

片付けることは面倒なことではありません。自分の住環境や仕事環境を整え、気持ちも落ち着きます。
やることは片付ける場所を決めて、毎回そこに片付けることです。そうするだけで必ず習慣になります。そうして片付いた気持ちよい部屋で生活しましょう!

おすすめ記事一覧
自分に自信を失った40代後半のおばさんが急に若返って美しく元気になった秘密とは?
【休日の過ごし方】休日を有意義にする社会人の過ごし方10選
断捨離のやり方を6ステップで解説【捨てられない人向け】
仕事を辞めたいと思った時に考えるべき5つのことと転職の方法

《たった3分で運命を変える方法 〜開運の法則〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの星座や誕生日や血液型などの情報から導き出される『開運の法則』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

変化が欲しいなら、今すぐ『全員無料鑑定』を試してみてください!

スポンサーリンク


関連記事

ページ上部へ戻る