LINEグループで既読スルーする奴にイライラしない最強の方法

【記事公開日】2015/02/18
【最終更新日】2016/08/05

Lisa88_sumahoganmi20141018093542500

最近スマフォを持っている人でLINEを入れてない人はいないほど
コミュニケーションツールとして誰もが使っているLINE。

「既読」という機能を付けているために既読スルーという言葉や、あえての未読スルーなんて言葉も作られているほど、若者からおじさんおばさん世代まで普通に浸透していますね。

で、今回どうしてこんな記事を書こうと思ったのかってことなんですけど、
実は既読スルーを当たり前のようにする人のせいで
筆者のイライラが沸点までいきそうになったことが発端ですw

でも、ちょっとだけ思考を変えることができたら、
イライラが嘘のようになくなったのでその方法を記事にしました!

スポンサーリンク

筆者のLINE利用状況

私はもちろんLINEユーザーです。LINEはスタンプが使えたり、画像や動画の送受信が簡単にできたり、気軽にコミュニケーションが取れるツールとして筆者にとって大活躍しています。実際に学生時代からの友達との連絡や彼女との連絡などはすべてLINEで行っていますね。

また、私は社会人となった今でもバレーボールを高校時代の先輩後輩と一緒にチームで活動しています。で、チームの業務連絡や練習参加者の確認、大会の出欠など様々な場面で使っています。

で、このバレーボールチームのLINEグループにおいて起きたのが、既読スルーイライラ事件でした。

事の発端

基本的にはLINEグループというのは、個人からグループ全体に向けて送信していますよね?つまり、10人のグループだったら9人に向けて送っているので質問の内容によっては全員返信するのが当たり前のことですよね?

でもやっぱりグループとなると、ロム専になる人が表れるんですよ。
つまり、見るだけの人。既読スルーの人です。

普通だったらこんな会話になりますよね?

A さん
明日の練習の出欠を返信して下さい^^

既読1
すいません。
行けません。

既読2
すいません。
行けません。

既読3
行きます!

でも筆者のバレーボールチームのLINEグループでは、、、

A さん
明日の練習の出欠を返信して下さい^^

既読1
行きま~す!

既読2
行きますっ★

既読3
 

既読4
 

既読5
 

既読6
 

既読7
 

既読8
 

既読9
 

既読スルーの嵐w

「いつからか参加しない人は返信しなくても良い」という暗黙のルールが勝手に作成されてしまい、
普通に既読スルーをする人が増えてしまったわけです。
毎回返信している人からすれば、既読スルーをする理由が全くわかりませんでした。

そしてここ最近、チームメイトの一人が遠い地へ転勤することが決まっていたので、送別会について該当者を除いたLINEグループを作成して話し合っていました。ところがやっぱり既読スルーをする人が表れるんですよねw

そしてまさにこの記事を書いている今日、送別会についての話はすべて既読スルーし、2週間以上前に伝えてあった大会のことについてLINEで質問してきましたw

この既読スルーしていた人は、適当に既読スルーを付けていることがわかった瞬間でしたw
まさに2週間以上前のことも、送別会についても、全く読んでいなかったのでしょうね。

せめて昔のLINEを見返せばいいのですが、
適当にLINEを見ていればいつどんな話があったのかわからなかったのでしょうね。

既読スルーになぜイライラするのか?

結局既読スルーする人にイライラする理由は
「自分が送信しているんだから、返信が来て当たり前だ」と思うからです。

これはLINEであってもメールであっても返信が来なければイライラするわけです。自分がLINEを送信しているのに相手から返信が来なければ、やっぱり不公平とか不協和とかを感じるわけです。それもLINEであれば既読って付くわけですから、余計にイラッとするんですよね。私もメールしかない時代であってもイライラすることもありましたよ。

LINEの場合、未読であれば「今忙しくて見ることができないのかな?」って勝手に思うことでイライラを抑えることもできるのですが、やっぱり既読が付いた状態でいつになっても返信が来ないのは、やっぱり辛いものです。
だって見ていることがわかっているわけですからね!!
返信されないのは、辛いものです。

スポンサーリンク

既読スルーにイライラしない方法

じゃあ具体的に既読スルーされてもイライラしない方法を紹介しましょう。

既読という機能があることで、相手が自分のメッセージを読んでいることが送信者にはわかりますよね。これって実はすごく便利だと思います。メールしかなかった時代では、メールを送信した場合、相手がそのメッセージを読んでいるかどうか確認する方法がなかったわけです。それこそ大切なことを伝えるためにメールをしても、メールが何らかの原因で届いていない場合もあったことでしょう。

つまり重要なことは、LINEを使ってメッセージを送って相手が既読を付けた場合、
相手には「メッセージを読んだ」という責任が発生するということなんです。相手がメッセージを消してしまったとしても送信者がしっかり残しておいて既読したことを証明することができる状況にしておけば、立場的に上になることができるわけです(笑)
そうすれば読んでいないという最悪の事態を防ぐことができるようになるわけですね。

それでもスルーされれば、イライラするわけですよねw
それは心の中で返信するのが当たり前だと思っているからです。
つまり、あなたの基準ですべてを考えているんですよね。

でもよくよく考えてみると返信するのは、あくまで相手の自由であり、相手に対してイライラするのは私達の勝手な都合です。その勝手な考え方から抜け出すことができれば、返信を気長に待つことができるようになりますし、イライラすることもなくなりますし、催促するようなこともなくなります。

まとめ

既読スルーという言葉はLINEによって作られた言葉ですよね。
でもメールという機能が普及してから自然にやっていた人が実際には多いのではないでしょうか?

このメールの返信は後でいいや!なんて思ってすぐに返信を出さないことが筆者にもありましたwだからLINEになってからもそういうことはあるんですよね。
既読をつけて返信がないというのは、かなり寂しいしイライラするんですけど、そのイライラが相手に左右されてしまっていることに気付いて下さいね!私達の人生は、決してそんなLINEごときでイライラしないようにしましょう。

つまりはあれです。

「ふーん。
返信もできない人なんだな~┐(´д`)┌ヤレヤレ」

で終わらせることが一番だということですw

そして私達は大人として既読スルーをしないようにすればいいだけです。
既読を付けずに見る方法もありますからねw

おすすめ記事一覧
自分に自信を失った40代後半のおばさんが急に若返って美しく元気になった秘密とは?
【休日の過ごし方】休日を有意義にする社会人の過ごし方10選
断捨離のやり方を6ステップで解説【捨てられない人向け】
仕事を辞めたいと思った時に考えるべき5つのことと転職の方法

《たった3分で運命を変える方法 〜開運の法則〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの星座や誕生日や血液型などの情報から導き出される『開運の法則』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

変化が欲しいなら、今すぐ『全員無料鑑定』を試してみてください!

スポンサーリンク


関連記事

ページ上部へ戻る